スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
先日の音due. 1st LIVE -birthday- にお越し下さった皆様、ありがとうございました!
音due.として初めての公演だった訳ですが、おかげさまでたくさんの皆様にこのユニットの誕生を見届けて頂けました。
企画から運営まで自分たちで行う初めてづくし。至らない面も多々あったと思いますが、周りの方々のサポートで無事幕を開けることができて嬉しかった!何より雨のなか、見に来て下さった皆様の温かさに感激しました。
今回は1日2回公演。予想以上の慌ただしさでしたが、本番2回とも落ち着いてステージに立つことができました。直前まで冗談言ってる仲間って心強い!

演目も大好きな作品ばかり。
今回無理をお願いして書き下ろして頂いた佐藤順一監督の「魔法少女のジャスミンティー」はクスッとしたりほろっとしたり、心の中の大事なものを思い出させてくれる本当に素敵な作品。お忙しいなか、執筆を引き受けて下さった佐藤監督に心から感謝いたします。
「ことばのかたち」「生きる」は全編、ナレーションと共に演奏するスタイル。文章に合わせて曲を書いているので、読むテンポと演奏のタイミングが難しかった!実は昼公演と夜公演では微妙にタイミングが違うのですが、どちらもその時の4人の感情が表れています。2回ともご覧になった方は違いに気が付いたかも(^^)
「いつか、ずっと昔」と「恋しき人の顔は見えねど」はストーリーの起伏に合わせて、曲を書いています。ちなさんとさあやの演技に寄り添うように、反応を感じながら演奏。普段の劇伴はレコーディングしたものを演技に合わせて編集するので、ライヴでのこの感覚は私にとってすごく新鮮なのです!
作曲を作品ごとに小笠原さんと分担しているので、それぞれの音楽のスタイルを感じながら楽しんでいただけたのではないかなと思います。
音due.は演技と演奏がお互いにインスピーレションとなり、刺激を与え合いながらパフォーマンスするというライヴ感を大切にしているので、毎回同じには決してならないのも面白さのひとつ。
そんな面白さを一番堪能したのは私たち4人だったかもしれません。皆様と時間を共有できた事をとても有難く感じます。
また今回以上に楽しんで頂けるような企画を4人で練って第2回につなげていきたいと思います。
最後になりましたが、素敵な天窓のスタッフの皆様、お手伝いに来てくれたもこちゃん&とんちゃん、撮影してくれたこまちゃん、デザイナーさん、事務所のスタッフ、支えて下さった全ての方々にお礼申し上げます。
ありがとうございました!
またお目にかかれますよう!!

窪田ミナ



mina | コメント(5)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
3rdアルバムの情報すごく楽しみにしています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。