スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

レコーディング

2009/06/08 Mon 11:00

しばらく更新が止まってました。すみません・・・涙

先日のレコーディングの様子です。

ストリングスの時はバタバタしていて写真を撮れなくて木管セッションの時になんとか撮影。
いつも素晴らしい演奏をありがとうございます!
この日はこの他にもパーカッションやピアノも録っていて深夜までかかりました・・・。

関係者の方々がたくさんパンやドーナツを差し入れて下さって、感激です!長いレコーディングは途中で元気がなくなるので本当に助かります?。みんなでおいしく頂きました笑い。
ありがとうございました!

このセッションの別の写真も、またアップしますね。
お楽しみに。


studio20090606-01.jpg



窪田ミナ


mina | コメント(4)
コメント
解説ありがとうございます。
>DONさま

アレンジャー兼ピアノとしての動き方なんでしょうね。
さらに色々な興味が沸いてきます。
加津緒さん、こんにちは。
窪田ミナのスタッフでDONといいます。
ご質問の件、お答えしますね。

一般的には、曲や楽器編成、スタジオの広さ、演奏者のスケジュール等により、
ピアノを一緒に録るかどうか変わってきます。
でも窪田の場合、ピアノを単独で録音することが多いですね。
他の楽器の演奏をコントロールルームで客観的に聴く必要があるので。
小編成でクリックを使わないレコーディングの時などは、
せーので録ることもありますよ。
スタジオレコーディングの生の絵って刺激的ですね。
椅子が物置になってたり、ひざ掛けしてたり、ちょっと生活感があって、ウフフです。

こういう、色々なセクションが入るレコーディングでは、ピアノって単独で録るものなのかな?それとも弦と一緒?
(曲によるのかもしれませんが。)
レコーディング大変みたいですが、頑張ってくださいね!
生まれてくる作品を楽しみに待っています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。