おはようございます。
今日の使用曲です。

9月23日(木)

1曲目「しげるの魔法」 ?サントラ1
《アバン》 着々と謝恩パーティーの計画が進む。

2曲目「茂のテーマ(ソロ・ピアノVer.)」?サントラ未収録
《アバン》 茂、布美枝に緑色の太った餃子を作ってくれと。また、この機会に着物を作れと。
布美枝はいいのがあるので、着物は要らないと言う。

3曲目「優しい光」 ?サントラ2
パーティーの朝、紅の珊瑚玉と青海波の着物を身に纏う布美枝。思わず見とれる茂。

4曲目「星とバンビ」 ?サントラ2
パーティーに浦木が現れる。茂「いい人間がいいことするばかりでは人生もつまらん。
お前のようなヤツもおらんとな」 浦木、絹代に連れ去られる。

5曲目「生命の星」 ?サントラ2
倉田、小峰、菅井が再会。茂の乾杯の挨拶。

6曲目「二人の絆」 ?サントラ1
布美枝、倉田と小峰に再会。豊川ら雄玄社の面々も続々と来場。郁子とも再会。
いつの間にか人の輪に囲まれ「おめでとうございます」の声。布美枝、胸がいっぱいに。


「星とバンビ」は、元々はるこのテーマだったのですが、その後はいずみ、喜子の
シーンにも使われていました。それがなんと、今日はこの曲、浦木に付けられていました。
ついに浦木はかわいいキャラになったということでしょうか(笑)
水木先生は常々、鬼太郎に登場するキャラで一番好きなのはねずみ男だと言われてます。
「ゲゲゲの女房」に於ける浦木(≒ねずみ男)は、怪しく困ったヤツでありながらも、
やはり重要な“愛されキャラ”なんだなぁと分かる瞬間でした。

ではでは。

DON
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(3)
コメント
終わりましたね
私は島根県出身(埼玉在住)で安来だ・境港だなんて出てくると懐かしくて、この一年ほとんど見ていました。
いよいよ終わりますね
実在の人物・今もお元気~~~それも見ていて楽しいですね

朝のドラマは年金生活に入ってはじめて見るもの。

さて、音楽のこと  まったくの門外漢
わずか15分の間に何曲も挿入されているなんて、はじめて知りました。
何となく筋書きは見ていても、バックの音楽は適当に誰かが挿入しているのだろう。作曲している人がいるとは今日まで知りませんでした。
と、言うよりもバックに音楽が存在しないような音楽が大切なのかな~~

でも、テーマの歌は元気があっていいですな~~~

取り止めもなくすみません~~

感動をだんだんです
残り2日 なんか とっても寂しい気分です

総集編 も 楽しみにしていますね

長い間 感動をだんだんです
あれ?だれかいない?
過去の出演者で、ドラマ上健在な人全員が、顔見せでパーティに出席すると思いました。
深沢さんは体調不良の設定だが、はるこさん、元貸本屋さんらがいない?
出席者はビジネス上の付き合いの人だけかな?

管理者のみに表示