おはようございます。
イトツの大往生。
悲しいけれど、ある意味、理想的な生き方、死に様だと思えます。

今日の使用曲です。

9月11日(土)

1曲目「光に包まれて(ソロ・ピアノVer.)」?サントラ未収録
《アバン》 寝床で目覚めた修平、茂を叔父の生まれ変わりと思っていると布美枝に話す。

2曲目「茂のテーマ(ピアノ・トリオVer.)」 ?サントラ2
修平、傑作の続きを書くと言い、万年筆を持ったまま目を閉じる…

3曲目「光に包まれて」 ?サントラ1
夢の映画館、上映が終わると修平の周りに両親、叔父らが。修平、満足そうに目を閉じる。
そのまま修平は永遠の旅立ち。絹代、香水を修平に振りかけ、しゃがみ込み嘆き悲しむ。

4曲目「生命の星」 ?サントラ2
絹代、修平のカバンから古い万年筆を取り出し、形見として茂に渡す。
「もうこれで全部あんたが受け継いでくれたけん、お父さん安心してあの世でゆっくりできる」


修平の最高傑作は「水木しげる」だったということでしょうね。

ではまた来週。

DON


ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(2)
コメント
イトツ
朝も見たけど、今また再放送見ました。
イトツの夢の中で故人が多く出てましたけど、まさにあの世からのお迎えだったのですね。
そのまま容体が急変して、数日後に亡くなったと。
書いていた物語は、絶筆になりましたね。
イトツの作品の続きは、しげるが書くんですかね。
>修平の最高傑作は「水木しげる」だったということでしょうね。

なるほど。タモリさんが赤塚先生の弔辞で述べた
有名な言葉、「私もあなたの作品です」というのと同じですね。
イトツの歌う「メロンの気持ち」、もう一度聴きたかったです。
安らかに...。

管理者のみに表示