スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
おはようございます。
久々の美智子さん。ドラマがぱっと明るくなりますね?。

さて今日の曲は…

8月28日(土)

1曲目「しげるの魔法」 ?サントラ1
《アバン》 美智子が久しぶりにに村井家にやって来る。茂と布美枝、再会を喜ぶ。

2曲目「旅立ちの風(ソロ・ピアノVer.)」 ?サントラ2
茂と布美枝に近況を話す美智子。調布に来たのは、智志のお墓を移すのが目的。

3曲目「タイトル未定」?サントラ未収録
美智子、久しぶりに商店街の面々に再会。盛り上がるみんな。
※この曲も当初の予定を変更して未収録曲に。「笑顔の思い出」の変奏なので、
 それなら出来るだけ別の曲をと考えました。でも間奏部分とか独立したメロディーだったりして、
 やはり収録出来なかったの、ちょっと惜しい気もしています。

4曲目「二人の絆(ソロ・ピアノVer.)」 ?サントラ2
布美枝、あの頃が懐かしいと話す。美智子「きっと一生懸命だったその時間が愛おしいのよ…」

5曲目「鎮魂歌」 ?サントラ2
美智子「亡くなった人は目に見えなくても、ずっと見守っていてくれる…」
布美枝「見えんけどおるんですね… みんな、目には見えんものに守られて生きている…」

6曲目「ご縁の糸」 ?サントラ1
茂、これからは仕事を減らし、楽園の人たちのように、ゆったり生きると宣言。
布美枝「仕事せずいられるはずない?体のこと考えて、ご飯くらいはゆっくり食べて…」


亡くなった人も妖怪も「見えんけどおる」世界の住人(?)ですかね。
「ゲゲゲの女房」は、そういった存在を身近に感じながら生きることの大切さをキチンと訴えていて、それがこのドラマ最大の魅力ではないでしょうか。かと言って、変にスピリチュアルや神秘主義に走ってないところがいいですね。そして音楽は、ドラマの中で「見えんけどおる」世界との橋渡しの役を与えられている気がしています。
窪田ミナの音楽が、その役をちゃんと果たせていればいいなと思っています。

ではまた来週。

スタッフのDON



ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。