おはようございます。
布美枝の悲しみのピークを、あの場面に持ってくる展開。
分かって観ていても、今日もやられてしまいました(涙)

今日の曲です。

8月27日(金)

1曲目「夕空」 ?サントラ1
《アバン》 もう少し滞在しようかという布美枝に、ミヤコ、子供達がいるから早く帰れと。

2曲目「風冴ゆ」 ?サントラ1
お土産に藍子と喜子に半纏を縫っていたミヤコ「何かしてやりたいわね、あんたにも…」

3曲目「優しい光」 ?サントラ2
生前の貴司を回想するミヤコ。貴司「姉ちゃんは頑張っとるぞ?オレも頑張らんとな」
ミヤコ「なにを思い出しても笑っとる顔しか浮かんでこん?もう泣かんことにしたよ」

4曲目「茂のテーマ」(ソロ・ピアノVer.)?サントラ未収録
布美枝を優しく迎える、藍子、喜子、茂。布美枝、藍子から茂が心配していたことを聞く。

5曲目「光に包まれて」 ?サントラ1
修平と絹代、布美枝を優しく気遣う。

6曲目「信念を貫くペン」 ?サントラ1
貴司からもらったオモチャの電話で貴司に電話をかける喜子「鬼太郎のおうち、ありがと」
堰を切ったように号泣する布美枝。

7曲目「旅立ちの風」 ?サントラ1
久しぶりに嬉しい便りが届いた。


今日は3曲目の「優しい光」が初登場ですね。
この曲も昨日の「鎮魂歌」同様、死や別れを表現していますが、
悲しみを超えた先の、亡くなった人たちへの想い、
「見えんけどおる」世界との心の繋がりをイメージしています。

ではでは。

DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示