おはようございます。
今日の曲です。

8月24日(火)

1曲目「朝寝坊許可法」 ?サントラ2
《アバン》 芝居に出掛ける修平と絹代。手紙を捨てられたことに、ため息をつく布美枝。

2曲目「あやかしの悪戯」 ?サントラ2
茂、過労からか目が霞み、くらくらする。

3曲目「夜雀」 ?サントラ1
心配をする布美枝に茂「仕事のことに口を出すな!」 日曜日に富士山に行くと言い出す。

4曲目「ひとり夕暮れ」 ?サントラ2
「私にだって気持ちはあるんです!」家を飛び出す布美枝。

5曲目「うつせみ」 ?サントラ2
台所で洗い物をする藍子。「お母ちゃんはどこ行ったの?」と泣き出す喜子。
布美枝「あの人、前はいつも笑っとったのに… あの頃に戻りたい。」

6曲目「タイトル未定」?サントラ未収録
子供たちの所に戻る布美枝「お母ちゃんの帰ってくるとこ、ここしかないもんね。」
帰ってきても何も言ってくれない茂に、布美枝は淋しい思いに…
※この曲、お馴染みの「旅立ちの風」を窪田ミナがソロピアノで即興的に短調に変奏し弾いたもの。
 ドラマで度々使用されているのですが時間の都合等でサントラ盤に収録できず、残念です。

7曲目「ノスタルジー」 ?サントラ1
翌日、子供たちを連れて布美枝が家を出て行ったと、茂が早とちりして騒ぎに。

今日のような、微妙な心の揺れに寄り添う音楽は、こういったドラマにとって凄く重要ですし、窪田ミナの特色が最も良く出るところだと思います。何より感情表現の肌理が細かい音楽だと思います。表面的に悲しいとか辛いとかいう単純な表現ではないので、逆により感情移入してドラマに入り込めるのではないでしょうか。

ではまた明日。

DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(2)
コメント
jyunさま

「鬼気迫る背中」はサントラ2に収録されます。
そして「寂しい旅立ち(予)」 。そうなんです、タイトルまで考えていたのですが...
創作物を出来るだけ多く収録しようとすると、アレンジ違いや変奏はカットせざるを得なくなって...

でも、アルバム・トータルの完成度は、より高まったと思っています。是非ご期待ください!今日の「ゲゲゲの音楽」にも書きましたが、amazonで既に曲目がご確認いただけます。

ということで、今後ともよろしくお願い致します。

DON
微妙な心の揺れに寄り添う音楽~まさににそうですね。

誰にでもあるどうにもならない複雑な思いや葛藤を表現した曲や、
心の奥底にたぎらせた熱い感情を静かに表現した感じの曲
(「鬼気迫る背中」←今回収録されていればいいのですが)など、
窪田ミナさんの曲には心の機微に触れたものがとても多いように
思います。そして、自然と心にスッと入ってくるので、聴いていても
とても心地がいいです。

窪田さんご自身の才能と、それを理解され日々分析に努めておられる
DONさんのようなスタッフの方々の存在が、こういった心に訴える音楽を創り上げているのだなと改めて思います。

6曲目は、以前に収録予定と紹介されていました「寂しい旅立ち(予)」
でしょうか。悲しげでとても美しいピアノの旋律が気に入ってましたので、
残念です・・・でも色々な制限がある中で、熟考された上での取捨選択
だったことと思いますので、全体の仕上がりに期待しております。

拙い長文で失礼いたしました。
アルバムの全収録曲紹介と試聴の解禁を楽しみにしております!

管理者のみに表示