スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
おはようございます。
今週の「戦争と楽園」、ある意味重いテーマでしたが、藍子の物語と重ね合わせることで、
すっと入ってきましたね。ということが作為的に感じられないところが凄いと思いました。

さて今週最後の曲の流れは。

8月21日(土)

1曲目「笑顔の思い出」(ソロ・ピアノVer.)?サントラ未収録
《アバン》 心配げに藍子を見送る布美枝。絹代も様子窺い。布美枝、藍子のことを絹代に感謝。

2曲目「花と自転車」 ?サントラ1
智美が藍子にあやまってっくる。すべて解決とはいかないが、藍子に明るい笑顔が戻ってきた。

3曲目「しげるの魔法」 ?サントラ1
絹代と修平、ゼタの深沢に、茂が大変世話になったと挨拶。

4曲目「風冴ゆ」 ?サントラ1
深沢に原稿を渡す茂「ゼタはえーです…」 深沢「商業誌としては失格かもしれません…」

5曲目「悲劇の島」 ?サントラ2
『総員玉砕せよ』の構想を聞く深沢、ゼタの幕引きを考えていたが「もう少しあがいてみるかな…」
茂「まだまだですよ。」 『総員玉砕せよ』を描き始める茂を布美枝がそっと見守る。

6曲目「クリスマスの授かりもの」 ?サントラ1
花火をする村井家。茂「しばらく引っ越しは無理だな。こっちで描かねばならんことがまだある…」

今週は「悲劇の島」が4回使われました。
ドラマのスタッフの方々から、この曲が無ければこの週は成立しなかったと言っていただけました。
気を使ってくださってるなーと分かってはいても、とても嬉しい一言でした。

ではまた来週。

スタッフのDON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。