スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
おはようございます。
今日は生々しい戦地の物語が描かれています。
普段飄々としている茂が語るからこその、リアリティーが感じられますね。

今日の曲です。

8月18日(水)

1曲目「ノスタルジー」 ?サントラ1
《アバン》 『敗走記』の話を布美枝にする茂、「本当にあったんだ。こげなこと…」

2曲目「暗夜の疾走」 ?サントラ2
茂、ラバウルでの出来事を回想。激しい戦闘に巻き込まれ味方は全滅。崖っぷちにぶら下がり…

3曲目「信念を貫くペン」 ?サントラ1
茂の想いが境港の両親に届き、二人は茂を呼び戻す為に絶唱。その声がラバウルまで届いた…

4曲目「悲劇の島」 ?サントラ2
どうにか元の中隊に辿り着くと、次の戦闘では真っ先に突撃せよと言われる。
その後マラリアを発症。高熱でうなっている時、爆撃され左腕を失う。

5曲目「うつせみ」 ?サントラ2
生々しい戦地の絵物語、ラバウル戦記を布美枝に見せる茂。「本物の戦争を書かんといけん。」

6曲目「優しい光」 ?サントラ2
布美枝、茂の元上官、三井との再会を回想。藍子は南の島に行ってもいいと言い出す。

家の近くの酒屋に、とぼけた感じの気のいいおじいちゃんがいて、その雰囲気が大好きなのですが、そのおじいちゃんが何かの折に南方での戦争体験をさらっと話してくれて、ものすごい衝撃を受けたことがあります。やはり、自分だけが生き残ったというような話です。
でも、普段はそういった事は全く感じさせないし、あえて話したがらないようなのです…
水木先生のように戦争体験を作品に昇華できるのはほんの一握りの人で、それを心に仕舞い込み、あるいは仕舞い込んだまま亡くなっていった方々が圧倒的に多いのでしょうね。
最近あまり日本酒を飲まなくなりその酒屋行ってないのですが、久々に行ってみようかな。

ではまた。 DON
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(4)
コメント
jyunさま
いえいえお気軽にどうぞ。
第104回の1曲目も収録されます。タイトルは「勝負の瞬間(とき)」です。
では~ DON

どうもありがとうございました。今から待ち遠しい限りです。
あと第104回の1曲目で紹介されていました、勇壮な感じの楽曲は
収録になるのかどうかも気になっております。
度重なる質問で申し訳ありません。



拙文を読んでいただけて恐縮です。

第107回の1曲目、ティンホイッスルをフィーチャーしたアップ・テンポの曲は
「締切大脱走」というタイトルになり、サントラ2に収録します、

是非ご期待ください!

その他、曲や録音に関する疑問、質問等ありましたら、遠慮なくコメントくださいませ。
出来るだけお答えするつもりです。

ではでは。

DON

毎回の楽曲紹介やちょっとした秘話・解説など、
大変ありがたく、かつ興味深く拝見させていただいております。
個人的ではありますが、第107回の1曲目で紹介されていました、
ティンホイッスルのアップテンポ系の曲が気に入っておりますので、
どうか次のサントラに収録されていれば・・・と願っております。
第2集の発売を、今から楽しみにしています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。