スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
おはようございます。
ついに「ゲゲゲの鬼太郎」のタイトルが決まる経緯が明らかに!
子供心にも、何で“ゲゲゲ”なのかと、ずーっと不思議に思ってました。

今日の使用曲です。

8月5日(木)

1曲目<サントラ2収録曲> 「鬼気迫る背中(予)」
《アバン》 浦木、ゼタが成田出版と合併の噂話を…

2曲目「風変りな漫画家」
浦木はゼタ入り? ゼタの情報を知らない布美枝に浦木「会話が無いのは夫婦の危機です。」

3曲目「茂のテーマ」(ソロピアノ・ヴァージョン)
ゼタの合併話に喜び、張り切る郁子。

4曲目「信念を貫くペン」
焦る倉田を窘める茂。布美枝、常に精魂込めマンガを描く茂のことを「お父ちゃんは本物…」

5曲目「クリスマスの授かりもの」
鬼太郎の歌を、最初に布美枝に見せる茂。

6曲目「勇気と希望」
スポンサー対策でタイトルを変えることに。ついに「ゲゲゲの鬼太郎」に決まる!

7曲目「高まる鼓動」
その夜、傷だらけでボロボロになった深沢が転がり込む。

“ゲゲゲ”の由来も意外ですが、アニメ化より先にテーマ曲が出来ていたのも
かなり意外ですよね。
このドラマ、有り得ないような話ほど真実である、というのがスゴイところです。

ではでは。 DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。