スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゲゲゲの音楽【17週/98回】

2010/07/20 Tue 08:25

おはようございます。
梅雨も明けて、暑いですね?
ドラマも、熱い男たちのお話に。


7月20日(火)

1曲目「勇気と希望」
《アバン》 鬼太郎テレビ化に向けて、船山、豊川らが動き出す。

2曲目「旅立ちの風」(ソロピアノ・ヴァージョン)
布美枝、なぜ映画でなくテレビかと茂に尋ねる。茂「テレビの方が長いこと飯が食える。」

3曲目「ハンチングと口笛」
編集者北村を撒いて自転車で出かける茂。北村は家で留守番。

4曲目<サントラ盤未収録曲>
茂、深大寺のお堂の前で、絵の上手い不思議な雰囲気のマンガ家と出会う。

5曲目<サントラ盤未収録曲>
嵐星社にて深沢、布美枝にプロダクション化を勧める。アシスタント倉田が上京してくる。

6曲目「木の葉と小判」
アシスタント志望の菅井、茂のところに押しかけてくる。

7曲目「作戦指令ゲゲゲ」
早速仕事に取り掛かる個性的なアシスタントたち。


マンガの世界では、今日の話にあったように、多くのマンガ家はアシスタントを複数かかえ、
分業で仕事に取り組むのが一般的なようです。
音楽の世界でも、特に劇伴では沢山の曲を作る必要があり、アレンジャーやマニピュレーターを
スタッフとして起用して、分業で仕事をされる方も多いです。
が、窪田ミナに関していうと、作曲、編曲、プログラミング、ピアノ演奏と、全て一人でやってます。
これは彼女のこだわりでの一つですね?

ではでは。 DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。