スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Vento

2009/01/14 Wed 00:00

坂本真綾さんの新しいアルバム『かぜよみ』がリリースされます。
今回私はアルバムのイントロダクションとして「Vento」という曲の作詞、作曲、編曲を担当しています。(歌詞はまたまたエスペラント語で書きました!)
大編成のストリングスと私のピアノ、透き通るように澄んだコーラスは[広い大地を吹き抜ける風(Vento)]をイメージしています。

発音に気を配り、歌う事に真摯に向き合う真綾さんの姿に胸を打たれたレコーディングでした。
彼女の美しい声とメッセージが心に響く素敵な一枚です。

かぜよみ(初回限定盤)(DVD付)かぜよみ(初回限定盤)(DVD付)
(2009/01/14)
坂本真綾

商品詳細を見る
mina | コメント(4)
コメント
くぼたさまへ、

初めまして。
私は、エスペラントを習っているものです。
歌詞を書いた時に、最終的に、誰かエスペラントの達人に見ていただくことをお薦めいたします。大きい組織に、日本エスペラント学会という所がございます。

でないと、意味不明になったり、発音が間違っていたりして、せっかくの曲が台無しになってしまいます。

次回、エスペラントをご使用の場合は、是非お願い致します。m(--)m

nekojkより、
「Vento」

遅れましたが、「Vento」
私も拝聴いたしました。

坂本真綾さんの『かぜよみ』に参加している
ミュージシャンの方々は、邦楽マニア??には
信じられないくらいの豪華な顔ぶれ。

そして、中でもミナさんの楽曲は、
アルバムのオープニングトラックとして、
最高の作品でした。

贅沢かつ美しい弦楽アレンジに
神秘的なエスペラント語の歌詞、
そして流れるようなミナさんのピアノ。

ミナさんにしか表現できない
音楽が「Vento」に凝縮されているように
感じました。

このコンセプトとモチーフで創られた
フルアルバムを聴きたいと思ってしまうのは
私だけではないと思います。
初めまして。
坂本真綾さんの大ファンの一人です。

エスペラント語の響きと壮大なメロディー、
マーヤさんの透きとおった歌声が絶妙で、
アルバムの最初を飾るのにとてもふさわしいですね。
何度も聴いてるので、歌詞も覚えちゃいました(笑)
(エスペラント語、知らないんですけどね・・・)

また機会があったら、ぜひ一緒してほしいです!
早速、CD購入しました。

入りから新鮮な驚き。
本当に風のイメージどおりです。

あれあれという間に風は過ぎていってしまいました。
(もう少し吹かれていたかったかも。)
La vento iris rapide....

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。