スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゲゲゲ展

2010/08/31 Tue 13:21

先週の事ですが・・・銀座松屋にゲゲゲ展を観に行ってきました。 


もう大変な混雑で。お子さんからお年寄りまで皆さん熱心に鑑賞してらっしゃいました。
やっぱり原画はすごいな?。絵全体が気迫に満ちていて、全身で打ち込む水木先生が感じられるようでした。ドラマの中で描かれている茂さんを思い出しました。アシスタント登場以来もっぱらスガちゃんが担当する事でお馴染みになった(?!)点々もすごかったし、とにかく絵のディテールが素晴らしかったです。感動しましたー!

帰りに行列に並んで鬼太郎茶屋でちゃんちゃんこソフトを。
一反木綿クッキーの代わりに目玉親父餅がトッピング。
ヘラは一反木綿。細かい所もかわいらしい。          
                               moblog_e0553035.jpg

後日、いつもお世話になってるヘアメイクさんも同じ日のほぼ同じ時間に行っていたとお聞きし、びっくり。人が多すぎて遭遇できなかったようです(泣)

グッズの売店で色々お土産を買ってゲゲゲ展を後にしました。
あ?楽しかった!
                  moblog_421daf40.jpg


窪田ミナ

スポンサーサイト
mina | コメント(1)
おはようございます。
8月も今日で終わりというのに連日暑いですね?
が、夜になると虫の音が。それでも、少しずつ秋に近づいているのです。

さてさて今日の曲です。

8月31日(火)

1曲目「夜雀」 ?サントラ1
《アバン》 空白のスケジュール帳を見て茫然とする茂。

2曲目「よれよれマンガ家」 ?サントラ2
連載が1本もない非常事態であることを告げる光男。茂「こういう時期もあるんだ。」

3曲目「光に包まれて(ソロ・ピアノVer.)」?サントラ未収録
早苗から戌井の話を聞く布美枝。戌井は北西文庫で失敗し、がっくり、マンガから手を引く…

4曲目「あやかしの悪戯」 ?サントラ2
テレビの取材を受ける茂。話を古臭いと言われる。

5曲目「胸騒ぎ」 ?サントラ2
戌井が言っていた「最近の水木マンガは何かが足りない。」
布美枝「なんだろう。何が変わったんだろう…」

6曲目「すれ違う想い」 ?サントラ2
テレビと噛み合わなかったことを嘆く茂「やっぱりマンガでないと思うことは伝えられん。」

7曲目「星とバンビ」 ?サントラ2
修学旅行のしおりの図案を頼まれた喜子、張り切っているが…

8曲目「タイトル未定」?サントラ未収録
茂、思いつめた表情で「全部、ガラクタじゃないか…」

今週は茂がスランプに陥る話なので、音楽も、不安やつらさや焦燥感をイメージする曲が数多く使われています。そういったモヤモヤした感じの曲でも、それぞれ微妙にニュアンスや色合いが違っているので、その辺り意識して聴いていただけると面白いかもです。
ちょんぼしマニアックかな…

ではでは。

DON


ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(1)
おはようございます。
「ゲゲゲの女房」は今週で残り4週となりました。あと一月弱。
終わってしまうのがいよいよ寂しく感じられます。

さて今日の曲です。

8月30日(月)

1曲目「多忙執筆体制始動」 ?サントラ2
《アバン》 大学に進学した藍子。中学3年生になった喜子。

2曲目「布美枝のテーマ」 ?サントラ1
1時間目遅刻してのんびり朝食を取るマイペースな喜子。大事なカバンを探す修平。

3曲目「風変わりな漫画家」 ?サントラ1
茂、珍しく早く起きて来る。マンガ界の第一線で15年、ずっと仕事漬けの日々を送っている茂。

4曲目「雨打際」 ?サントラ1
布美枝、光男から仕事がないことの相談を受ける。布美枝「ちょっと大袈裟じゃないかな…」

5曲目「青空とスキップ」 ?サントラ2
同年代の女の子と興味の対象が違い、浮いている喜子。布美枝たちはアートフラワーを習う。
南方で買ってきたものを置いてある“楽園の間”を片付ける茂。

6曲目「ノスタルジー」 ?サントラ1
茂と一番趣味が合う喜子に少し心配な布美枝。楽園の間で楽しそうに一緒にすごす茂と喜子。

7曲目「締切大脱走」 ?サントラ2
楽園の間から出てきたゴキブリを、大騒ぎして追いかける布美枝。

8曲目「暮靄」 ?サントラ2
仕事が減る事態は日に日に悪化していった…


そろそろ9月27日の窪田ミナ初ライブの準備にかかります。
ゲゲゲの女房サントラから、どの曲をやるか…
まだまだ検討中ですが、ぜひお楽しみに!

ではでは。

DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
久々の美智子さん。ドラマがぱっと明るくなりますね?。

さて今日の曲は…

8月28日(土)

1曲目「しげるの魔法」 ?サントラ1
《アバン》 美智子が久しぶりにに村井家にやって来る。茂と布美枝、再会を喜ぶ。

2曲目「旅立ちの風(ソロ・ピアノVer.)」 ?サントラ2
茂と布美枝に近況を話す美智子。調布に来たのは、智志のお墓を移すのが目的。

3曲目「タイトル未定」?サントラ未収録
美智子、久しぶりに商店街の面々に再会。盛り上がるみんな。
※この曲も当初の予定を変更して未収録曲に。「笑顔の思い出」の変奏なので、
 それなら出来るだけ別の曲をと考えました。でも間奏部分とか独立したメロディーだったりして、
 やはり収録出来なかったの、ちょっと惜しい気もしています。

4曲目「二人の絆(ソロ・ピアノVer.)」 ?サントラ2
布美枝、あの頃が懐かしいと話す。美智子「きっと一生懸命だったその時間が愛おしいのよ…」

5曲目「鎮魂歌」 ?サントラ2
美智子「亡くなった人は目に見えなくても、ずっと見守っていてくれる…」
布美枝「見えんけどおるんですね… みんな、目には見えんものに守られて生きている…」

6曲目「ご縁の糸」 ?サントラ1
茂、これからは仕事を減らし、楽園の人たちのように、ゆったり生きると宣言。
布美枝「仕事せずいられるはずない?体のこと考えて、ご飯くらいはゆっくり食べて…」


亡くなった人も妖怪も「見えんけどおる」世界の住人(?)ですかね。
「ゲゲゲの女房」は、そういった存在を身近に感じながら生きることの大切さをキチンと訴えていて、それがこのドラマ最大の魅力ではないでしょうか。かと言って、変にスピリチュアルや神秘主義に走ってないところがいいですね。そして音楽は、ドラマの中で「見えんけどおる」世界との橋渡しの役を与えられている気がしています。
窪田ミナの音楽が、その役をちゃんと果たせていればいいなと思っています。

ではまた来週。

スタッフのDON



ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
布美枝の悲しみのピークを、あの場面に持ってくる展開。
分かって観ていても、今日もやられてしまいました(涙)

今日の曲です。

8月27日(金)

1曲目「夕空」 ?サントラ1
《アバン》 もう少し滞在しようかという布美枝に、ミヤコ、子供達がいるから早く帰れと。

2曲目「風冴ゆ」 ?サントラ1
お土産に藍子と喜子に半纏を縫っていたミヤコ「何かしてやりたいわね、あんたにも…」

3曲目「優しい光」 ?サントラ2
生前の貴司を回想するミヤコ。貴司「姉ちゃんは頑張っとるぞ?オレも頑張らんとな」
ミヤコ「なにを思い出しても笑っとる顔しか浮かんでこん?もう泣かんことにしたよ」

4曲目「茂のテーマ」(ソロ・ピアノVer.)?サントラ未収録
布美枝を優しく迎える、藍子、喜子、茂。布美枝、藍子から茂が心配していたことを聞く。

5曲目「光に包まれて」 ?サントラ1
修平と絹代、布美枝を優しく気遣う。

6曲目「信念を貫くペン」 ?サントラ1
貴司からもらったオモチャの電話で貴司に電話をかける喜子「鬼太郎のおうち、ありがと」
堰を切ったように号泣する布美枝。

7曲目「旅立ちの風」 ?サントラ1
久しぶりに嬉しい便りが届いた。


今日は3曲目の「優しい光」が初登場ですね。
この曲も昨日の「鎮魂歌」同様、死や別れを表現していますが、
悲しみを超えた先の、亡くなった人たちへの想い、
「見えんけどおる」世界との心の繋がりをイメージしています。

ではでは。

DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
サントラ2の試聴が開始されました。

こちら からどうぞ!

DON

information | コメント(0)
おはようございます。
今日は一転して、悲しみの展開。
普段明るく朗らかな人ほど、亡くなった際の喪失感は大きいものです。

さて今日の曲。

8月26日(木)

1曲目「ハンチングと口笛」 ?サントラ1
《アバン》 茂の見舞いに来た浦木「粗悪品を作らない念書を書かせてきた。」不思議がる二人。

2曲目「タイトル未定」?サントラ未収録
貴司の突然の訃報を聞き、布美枝は大塚の実家に帰ることに。

3曲目「怪奇の予兆」 ?サントラ2
布美枝、悲しむ実家の家族たちと会う。貴司の遺体は通夜を前に荼毘に付されていた。

4曲目「孤独の影」 ?サントラ2
兄弟たちから貴司が亡くなった経緯を聞く布美枝。

5曲目「タイトル未定」?サントラ未収録
寝室で四姉妹そろって貴司の思い出話。ユキエ「きっと貴司本人が一番悔しい思いしとるよ…」

6曲目「鎮魂歌」 ?サントラ2
眠れず店に下りてくる布美枝。源兵衛、一人座っている。
「親より先に死んでしまーのは、親不孝だ…」号泣する源兵衛。


最後の曲「鎮魂歌」は初登場だと思います。これは第3回レコーディング時の曲。
深い悲しみを表現しつつ、でも単にそこに埋没せず、魂を浄化するようなイメージ...
そんな想いで作られた曲です。

ではまた明日。

DON
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
今日は久々に浦木が登場。胡散臭さ50%くらいアップしていて最高です。
狂言回しかトリックスターか、その存在は、まさに水木マンガのねずみ男ですね。

今日の曲です。

8月25日(水)

1曲目「すれ違う想い」 ?サントラ2
《アバン》 茂が手紙を見ている。藍子が茂に手紙を渡していた。

2曲目「はじまりの予感」 ?サントラ1
よりいっそう怪しくなった裏木がやって来る。相変わらず怪しい儲け話をする。

3曲目「木の葉と小判」 ?サントラ1
浦木、鬼太郎グッズの売り出しを進言。茂は取り合わず。

4曲目「暗夜の疾走」 ?サントラ2
茂、突然に倒れる!医者に3,4日ゆっくり休むよう言われる。
弱気になるアシスタントたちに発破をかける菅井「みんなで締切に立ち向かおう!」

5曲目「憂鬱の雫」 ?サントラ2
茂の世話をする布美枝。どことなく嬉しそう。藍子「お母ちゃん、なんかはりきってるね。」

6曲目「二人の絆」 ?サントラ1
布美枝「あの頃は一緒に笑っていられた?貧乏よりお父ちゃんが笑ってくれんことが辛い…」
茂「オレはな、貧乏よけ大作戦を決行しとった?一人で突撃しても戦いには勝てんな
?手紙、読んだぞ?家の中まで仕事のゴタゴタを引きずったらいけんと思ってな…」

amazonでは既に「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラック2の予約を開始しているようです。
アルバム全曲試聴もそろそろ可能になると思います。準備出来たら、改めてご案内しますね。

ではでは。

DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
今日の曲です。

8月24日(火)

1曲目「朝寝坊許可法」 ?サントラ2
《アバン》 芝居に出掛ける修平と絹代。手紙を捨てられたことに、ため息をつく布美枝。

2曲目「あやかしの悪戯」 ?サントラ2
茂、過労からか目が霞み、くらくらする。

3曲目「夜雀」 ?サントラ1
心配をする布美枝に茂「仕事のことに口を出すな!」 日曜日に富士山に行くと言い出す。

4曲目「ひとり夕暮れ」 ?サントラ2
「私にだって気持ちはあるんです!」家を飛び出す布美枝。

5曲目「うつせみ」 ?サントラ2
台所で洗い物をする藍子。「お母ちゃんはどこ行ったの?」と泣き出す喜子。
布美枝「あの人、前はいつも笑っとったのに… あの頃に戻りたい。」

6曲目「タイトル未定」?サントラ未収録
子供たちの所に戻る布美枝「お母ちゃんの帰ってくるとこ、ここしかないもんね。」
帰ってきても何も言ってくれない茂に、布美枝は淋しい思いに…
※この曲、お馴染みの「旅立ちの風」を窪田ミナがソロピアノで即興的に短調に変奏し弾いたもの。
 ドラマで度々使用されているのですが時間の都合等でサントラ盤に収録できず、残念です。

7曲目「ノスタルジー」 ?サントラ1
翌日、子供たちを連れて布美枝が家を出て行ったと、茂が早とちりして騒ぎに。

今日のような、微妙な心の揺れに寄り添う音楽は、こういったドラマにとって凄く重要ですし、窪田ミナの特色が最も良く出るところだと思います。何より感情表現の肌理が細かい音楽だと思います。表面的に悲しいとか辛いとかいう単純な表現ではないので、逆により感情移入してドラマに入り込めるのではないでしょうか。

ではまた明日。

DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(2)
おはようございます。
「ゲゲゲの女房」は先週18日に撮影が完了。
出演者、スタッフの皆様、お疲れ様でした!!
レコーディング作業は一足先に終了していましたが、
いよいよ本当にこのドラマが終わってしまうんだなと、なんだか寂しい気持ちになりますね?。

さて、今日の曲です。

8月23日(月)

1曲目「多忙執筆体制始動」 ?サントラ2
《アバン》 貴司から大きな荷物が届く。茂、郁子が来ることを布美枝に告げる。

2曲目「木の葉と小判」 ?サントラ1
《アバン》 いったん外に出て改めて玄関から入り直す、茂の奇妙な出勤スタイル。

3曲目「青海波」 ?サントラ1
貴司からは喜子に頼まれた鬼太郎の家が届く。

4曲目「遠い国の不思議なおはなし」 ?サントラ2
仕事の話を聞かせてもらえない布美枝。「私にはなんも話してくれん…」

5曲目「憂鬱の雫」 ?サントラ2
布美枝を仕事場に寄せ付けない雰囲気の茂。布美枝「お父ちゃんの顔、忘れそうだわ…」

6曲目「ノスタルジー」 ?サントラ1
郁子から倒産の話を聞く布美枝。郁子「布美枝さんは幸せね。いつも水木先生に守られていて。」

7曲目「諦めかけた夢」 ?サントラ2
現代漫画社のことを心配する布美枝に、茂「いらんこと言うな。」
布美枝、茂あてに精一杯の思いを伝える手紙を書く。

8曲目「夜雀」 ?サントラ1
布美枝の書いた手紙はゴミ箱に捨てられていた…

それではまた明日。

DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)

new song

2010/08/22 Sun 23:40

先日のmixの様子。前日に歌を録り終わったばかりの曲。
途中ボーカルのエフェクトや弦管のバランスを修正したりするも、さくさく進んで終了。
良い仕上がりに感謝&満足。嬉しいです。この曲の詳細は後日改めてお知らせするとして・・・。
20082010.jpg
いつもより早く終わったので帰りに食事しておなかがいっぱい。
ごちそうになってしまい、恐縮です。
chiba-cookie.jpg  かわいいチーバくんのおみやげまで頂いて、さらに恐縮です。
                 ありがとうございました。

窪田ミナ

mina | コメント(0)
おはようございます。
今週の「戦争と楽園」、ある意味重いテーマでしたが、藍子の物語と重ね合わせることで、
すっと入ってきましたね。ということが作為的に感じられないところが凄いと思いました。

さて今週最後の曲の流れは。

8月21日(土)

1曲目「笑顔の思い出」(ソロ・ピアノVer.)?サントラ未収録
《アバン》 心配げに藍子を見送る布美枝。絹代も様子窺い。布美枝、藍子のことを絹代に感謝。

2曲目「花と自転車」 ?サントラ1
智美が藍子にあやまってっくる。すべて解決とはいかないが、藍子に明るい笑顔が戻ってきた。

3曲目「しげるの魔法」 ?サントラ1
絹代と修平、ゼタの深沢に、茂が大変世話になったと挨拶。

4曲目「風冴ゆ」 ?サントラ1
深沢に原稿を渡す茂「ゼタはえーです…」 深沢「商業誌としては失格かもしれません…」

5曲目「悲劇の島」 ?サントラ2
『総員玉砕せよ』の構想を聞く深沢、ゼタの幕引きを考えていたが「もう少しあがいてみるかな…」
茂「まだまだですよ。」 『総員玉砕せよ』を描き始める茂を布美枝がそっと見守る。

6曲目「クリスマスの授かりもの」 ?サントラ1
花火をする村井家。茂「しばらく引っ越しは無理だな。こっちで描かねばならんことがまだある…」

今週は「悲劇の島」が4回使われました。
ドラマのスタッフの方々から、この曲が無ければこの週は成立しなかったと言っていただけました。
気を使ってくださってるなーと分かってはいても、とても嬉しい一言でした。

ではまた来週。

スタッフのDON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
今日は曲数は少ないのですが、どの曲もドラマで大事な役割を担っている気がします。

8月20日(金)

1曲目「切ない別れ」 ?サントラ1
《アバン》 茂たち、ラバウルの回想?全員玉砕せよとの決定が下る。

2曲目「悲劇の島」 ?サントラ2
三井「総員玉砕と発表された以上、全員死んでおらねばならなかった」
茂「戦争で死んでいった者は可哀想…」「仲間たちが言う、村井、俺たちのことを描いてくれ…」

3曲目「二人の絆(ソロ・ピアノVer.)」 ?サントラ2
絹代、藍子に、自分が間違っていなければ他の者は相手にするな、それより嘘つきになるなと。

4曲目「旅立ちの風」 ?サントラ1
布美枝、自分も子供の頃、内気であったことを藍子に話す。「お父ちゃんがえーこと言っとたよ。」
茂「くよくよ考えるより、前に進む強い意志が大事…」と。


「悲劇の島」に使われている不思議な音色の楽器について書きますね。
ちょっと聞くとミュート・トランペットのようにも聴こえるかもしれませんが、もっと深いというか内省的な響きがします。これはかなり古くから存在するという、アルメニア起源のドゥドゥク(Duduk)という笛です。ダブルリード楽器の一種なので、オーボエやイングリッシュ・ホルンのご先祖様と言えるかもしれません。
いつもオーボエでお呼びしている庄司知史さんがこの楽器をお持ちだと、たまたまお聞きし、その音色にインスパイアーされて窪田ミナがこの「悲劇の島」を作曲しました。
戦争の悲劇性、不条理感を表すのに、このドゥドゥクの心を揺さぶるような音色が実に効果的に使われています。
ドラマに引き込まれて、なかなか楽器の音色まで気に止まらないのかな、とは思いますが、ちょっこし耳をそばだてて聴いてみてごしない。(アレっ、使い方あってる?)

ではでは。 DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
喜子役の松本春姫ちゃんの笑顔、ホント素敵です!大福おいしそう!
お話はシリアスでも、あの笑顔一発で朝からほっこりしますね?。

さてさて今日の曲は。

8月19日(木)

1曲目「すれ違う想い」 ?サントラ2
《アバン》 誕生会に行かないという藍子に、布美枝は手作りのプレゼントを渡す。

2曲目「光に包まれて」(ソロ・ピアノVer.)?サントラ未収録
絹代、茂について「自分の命を落としかけたところに行きたい気持ちがわからない。」

3曲目「笑顔の思い出(チェロVer.)」 ?サントラ2
三井は元軍医の笹岡を連れて来て、茂と再会。お互い変わり者で落ちこぼれだった。

4曲目「茂のテーマ」(ソロ・ピアノVer.)?サントラ未収録
笹岡「村井くんはあの頃から明るかったですよ。」 大福を取り合う修平と喜子。

5曲目「精霊のくに」 ?サントラ1
トペトロの村の思い出。茂、楽園の暮らしこそが人間らしいと。
この曲は2回目の登場でしょうか。多重ヴォイスは石垣島出身のシンガー宮良牧子さんです。

6曲目「ラバウル」 ?サントラ1
茂のいた部隊は全員玉砕した…
冒頭の笛はアイルランドの楽器ティンホイッスル。この笛「作戦指令ゲゲゲ」とか、
コミカルな曲でも活躍してますが、こういった重厚な曲でも独特の効果が得られます。

9月27日の窪田ミナのLIVEに、「精霊のくに」のヴォイスも担当してくれた、
宮良牧子さんに参加してもらうことになりました。お楽しみに?。

ではでは。また明日。 DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)

サントラ2 マスタリング

2010/08/18 Wed 11:58

スタッフDONがこちらのブログとtwitterでゲゲゲで使用された曲を毎日お知らせしていますが、ご覧頂いてますでしょうか??
おかげで、サントラを聴きながらどの曲が使われているのかチェックして下さる方が増えてとても嬉しいです。
お気づきだと思いますが、私があまり「筆まめ」でない事もあって(反省・・・)ブログをしょっちゅう更新出来ないのを承知しているスタッフDONが、レコーディング時の裏話なども少し書いてくれているのでこれからも是非、お立ち寄り下さいね。

さてさて、先日のマスタリングの模様を。
まず前日の話から。最終打ち合わせでNipperのいるスタジオへ。選曲、曲順、タイトルなど決めなければいけない事はたくさんあるのに未決の事がまだいくつか。2枚目は番組後半のストーリーに沿った心理的な動揺や不条理な境遇に耐える曲が多くなりました。ゆえに構成が難しかった!それでもなんとかまとまって翌日へ。
nipper12082010.jpg 入口で首をかしげて迎えてくれます。


別のお仕事の打ち合わせを終えてスタジオに入ると、エンジニア山崎さんが曲を並べる作業を終えるタイミング。
音質とか曲間とか諸々決めて試聴へ。チェックしながら聴き終わると80分経過。長い・・・。
色々細かい所を直して再度試聴。限界ギリギリの収録時間で心配したけどなんとか79分台でおさまってよかった。
シリアスな曲群の中にもほっとする曲やかわいらしい曲も入っているので今後のドラマの展開と共にサントラ2もどうぞお楽しみに!
素敵な音にしてもらえて感激です。 mastering13082010.jpg ありがとうございました!


窪田ミナ


mina | コメント(2)
おはようございます。
今日は生々しい戦地の物語が描かれています。
普段飄々としている茂が語るからこその、リアリティーが感じられますね。

今日の曲です。

8月18日(水)

1曲目「ノスタルジー」 ?サントラ1
《アバン》 『敗走記』の話を布美枝にする茂、「本当にあったんだ。こげなこと…」

2曲目「暗夜の疾走」 ?サントラ2
茂、ラバウルでの出来事を回想。激しい戦闘に巻き込まれ味方は全滅。崖っぷちにぶら下がり…

3曲目「信念を貫くペン」 ?サントラ1
茂の想いが境港の両親に届き、二人は茂を呼び戻す為に絶唱。その声がラバウルまで届いた…

4曲目「悲劇の島」 ?サントラ2
どうにか元の中隊に辿り着くと、次の戦闘では真っ先に突撃せよと言われる。
その後マラリアを発症。高熱でうなっている時、爆撃され左腕を失う。

5曲目「うつせみ」 ?サントラ2
生々しい戦地の絵物語、ラバウル戦記を布美枝に見せる茂。「本物の戦争を書かんといけん。」

6曲目「優しい光」 ?サントラ2
布美枝、茂の元上官、三井との再会を回想。藍子は南の島に行ってもいいと言い出す。

家の近くの酒屋に、とぼけた感じの気のいいおじいちゃんがいて、その雰囲気が大好きなのですが、そのおじいちゃんが何かの折に南方での戦争体験をさらっと話してくれて、ものすごい衝撃を受けたことがあります。やはり、自分だけが生き残ったというような話です。
でも、普段はそういった事は全く感じさせないし、あえて話したがらないようなのです…
水木先生のように戦争体験を作品に昇華できるのはほんの一握りの人で、それを心に仕舞い込み、あるいは仕舞い込んだまま亡くなっていった方々が圧倒的に多いのでしょうね。
最近あまり日本酒を飲まなくなりその酒屋行ってないのですが、久々に行ってみようかな。

ではまた。 DON
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(4)
おはようございます。ホント暑いですね?。
さて今日の曲です。

8月17日(火)

1曲目「箒星見上げて」 ?サントラ2
《アバン》 昔ジャワに住んでいて、お大尽暮らしをしていたことを話す修平。

2曲目「あやかしの悪戯」 ?サントラ2
豆腐料理は経済料理という絹代。布美枝に、茂にはうなぎを食べさせろと。

3曲目「諦めかけた夢」 ?サントラ2
布美枝、喜子に何故お父ちゃんに片腕が無いかを話す。戦争の話はまだ早いかと悩む布美枝。

4曲目「ハンチングと口笛」 ?サントラ1
松川の気を引こうと話をする菅井。修平が松川にちょっかいを出すのが面白くない。

5曲目「暮靄」 ?サントラ2
藍子、鬼太郎のテレビに出たいからお父さんに頼んで欲しいと赤木に言われる。

6曲目「ひとり夕暮れ」 ?サントラ2
『敗走記』に加筆した書き下ろし単行本の話に、いつになく強い口調で直ぐには出来ないという茂。
しょんぼりと帰ってくる藍子。布美枝「『敗走記』か、私読んどらんだったな…」

7曲目「風冴ゆ」 ?サントラ1
藍子、友達をテレビに出すことを茂に頼めるかと布美枝に尋ねる。直ぐに諦める藍子。

8曲目「悲劇の島」 ?サントラ2
『敗走記』を読んでいる茂に話しかける布美枝。

最後に使われた曲「悲劇の島」、今日はイントロ部分が少しだけ流れましたが、
ちょっと変わった楽器の音色が聴こえたかと思います。
ドゥドゥクというアルメニアの笛の音なのですが、そんな話はまた明日以降にでも詳しく。

ではまた。 DON
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(3)
おはようございます。
今週は「戦争と楽園」。水木しげるの戦争体験が描かれますが、今日はまだその導入ですね。
今後、3回目レコーディングの重要曲がいくつか使われると思うのでお楽しみに。

さて、今日の曲です。

8月16日(月)

1曲目「風変わりな漫画家」 ?サントラ1
ラバウルに行って以来、すっかり南方ボケの茂。困って布美枝に相談するマネージャーの光男。

2曲目「しげるの魔法」 ?サントラ1
茂「みんなで南の島に引っ越すぞ!」 茂の話を喜んで聞いているのは喜子だけ。

3曲目「光に包まれて」(ソロ・ピアノVer.)?サントラ未収録
藍子、南の島に引っ越すのは厭だと布美枝に話す。

4曲目「木枯らしの季節」 ?サントラ2
赤木、藍子たちを誕生会に誘う。持っていくプレゼントを相談する藍子たち。

5曲目「クリスマスの授かりもの」 ?サントラ1
お父さん片腕でなんでも出来て偉い、と言われ、藍子は布美枝に「お父ちゃんだけ違うね。」

6曲目「作戦指令ゲゲゲ」 ?サントラ1
老人クラブの勧誘を断る絹代。「親切の押し売りはお断りです!」

7曲目「木の葉と小判」 ?サントラ1
絹代たちとの夕飯の誘いを断る佐知子。絹代には誰も太刀打ち出来ない。

今日のアバン、南方の音楽が流れていて劇伴の曲は使われないという初めてのパターン。
あの音楽はニューギニアの音楽なのでしょうか?陶酔的といくか、何か呪術的な雰囲気ですよね。
そういえば水木先生、一般のポピュラー音楽にはあまり興味を示されないが、
レゲエには凄く反応されたという話を聞いたことがあります。もしかしてDUBとか好きそう?

ではまた。 DON
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)

rhodes

2010/08/15 Sun 10:56

先週のレコーディングの様子。
ホルン、弦をダビングしてrhodesを。
久しぶりに弾くので楽しみにしてたのですが、残念ながら楽器の調子がよくなくて、セッティングに少々時間が。
でもでも、ふわっとしたかわいらしい雰囲気が出せたと思います。
ホルンも弦も難しいフレーズをこなしてもらって、素晴らしい仕上がりに。
今週、ボーカル録って翌日mixします。
詳細はまた後ほど。お楽しみに。

rhodes10082010.jpg


窪田ミナ
mina | コメント(0)
おはようございます。
昨日無事、サントラ2のマスタリングが終わりました。
全40曲。サントラ1と同様に、CDの収録時間の限界に近いTotal Timeになっています。
詳細は近々にお伝えいたします。ご期待ください!

さて今日の曲です。

8月14日(土)

1曲目「夕空」 ?サントラ1
《アバン》子供のことを反省する布美枝。自分も同じだと言う貴司「ねちゃんはよう頑張っとるよ。」

2曲目「旅立ちの風」 ?サントラ1
茂、富士山麓に山荘を買うことを提案。布美枝「ちゃんと考えてくれてたんですね…」

3曲目「木の葉と小判」 ?サントラ1
布美枝たち山荘に着くが、かなりのボロ屋。

4曲目「茂のテーマ」 ?サントラ1
家族みんなで掃除を始める。茂の仕事のことを心配する藍子。美しい鳥が目の前に。

5曲目「生命の星」 ?サントラ2
友達に水木しげるはマンガで嘘を書いてると言われることを話す藍子「妖怪みたことあるの?」
茂「見てないが気配は感じたことがある。目に見えるものしか信じないのは間違ってる…」

来週のタイトルは「戦争と楽園」。次週予告でも使われていた「悲劇の島」他
新しい曲もいくつかお聴きいただけると思います。
ではまた来週。 DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
サントラ2の内容が決まりました!
最後の最後まで曲の取捨選択や曲順に悩みましたが、1枚目のサントラともまた違った雰囲気の、
バラエティーに富んだ内容になったと思います。発売は9月15日。
試聴出来るようになるのもまだちょっと先ですが、是非ご期待ください!!

それでは、今日の曲。
今後はどちらのサントラに収録されているか、明記することにしますね。

8月13日(金)

1曲目「笑顔の思い出(チェロVer.)」 ?サントラ2
《アバン》 村井家に訪ねてきた貴司、藍子と喜子に会う。

2曲目「布美枝のテーマ」 ?サントラ1
絹代の箪笥を修理する貴司。人当たりが良く手先が器用な貴司は絹代に気に入られる。

3曲目「二人の絆(ソロ・ピアノVer.)」 ?サントラ2
貴司、布美枝のミシンを修理しながら、ミシン屋の商売の大変さを話す。

4曲目「茂のテーマ」 ?サントラ1
村井家の夫婦のすれ違いを心配する貴司。が、もしかして貴司の家も…?

5曲目「箒星見上げて」 ?サントラ2
食事の準備を修平にやらせる絹代。布美枝に、自分たちは世話にならない代わりに茂のことを頼むと。

6曲目「切ない別れ」 ?サントラ1
貴司から、藍子が水木しげるの娘であることで傷ついているのを指摘され、そのことに
気付かなかった自分を責める布美枝。「妖怪いそがしにとり憑くかれていたのは私かも…」


それではこれから最後の仕上げ、マスタリングに行ってきます。
ではまた明日。 DON
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
今日の曲はこんなでした。
下にも書きましたが、<サントラ盤未収録曲>となっている曲でも、
一部、当初の予定を変更して、サントラ2に収録する可能性も出てきました。


8月12日(木)

1曲目<サントラ盤未収録曲>
《アバン》 担任の畑野、藍子が学校で居心地悪そうに見えると…

2曲目「風冴ゆ」
村井家の教育方針を話す布美枝。マンガ家の家庭であることを懸念する畑野。

3曲目<サントラ2収録曲> 「多忙執筆体制始動(予)」
締め切りに追われ、慌しい村井家の仕事場。

4曲目「夜雀」
畑野から藍子の学校の様子を聞く布美枝。藍子は行ってない高尾山の話を作文に書いていた…

5曲目<サントラ盤未収録曲>
藍子、嘘を書いた作文のことを言われ「お父ちゃんだって…」 学校のことを話したがらない藍子。

6曲目「ノスタルジー」
藍子のことを茂に相談したい布美枝。だが茂は忙しさで取り合わず。妖怪いそがし?!

7曲目「青海波」
安来から布美枝の弟の貴司がやって来る。

サントラ盤の第2集は、明日マスタリングします。
なので、今日の夕方までには曲目、曲順、タイトルを最終決定しないと。
選曲、一旦は決めていたのですが、日々「ゲゲゲの女房」の放送を見ていると、
この曲がよく使われているとか、あの曲はドラマの中で重要だったとか、
割愛予定だった曲も、色々迷って入れ替えたくなってしまうのです。
それだけ窪田ミナ本人にとっても思い入れの深い作品。最善の形にしたいと思います。

ではでは。 DON
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(1)
おはようございます。
ちょっこしアップが遅くなりました(汗)。

さてさっそく、今日の曲です。

8月11日(水)

1曲目「作戦指令ゲゲゲ」
《アバン》 心臓が悪いからと、色々な家事を修平に頼むようになった絹代。

2曲目<サントラ2収録曲> 「朝寝坊許可法案施行(予)」
藍子、寝坊して友達との待ち合わせに遅れる。“寝ている子供を起こすな”が村井家のルール。

3曲目<サントラ盤未収録曲>
デパートに行かないと言い出す藍子。「父ちゃんのルールじゃ世の中やっていけないよ。」

4曲目「風変りな漫画家」
すっかり商店街の面々に馴染み、自分の昔話をしている修平。

5曲目<サントラ2収録曲> 「優しい光(予)」
喫茶店で子供たちのことを修平に相談する布美枝。茂の子供時代の話を聞き、少しほっとする。

6曲目<サントラ2収録曲> 「すれ違う想い(予)」
藍子の担任の畑野が家庭訪問に。畑野「藍子さん学校あまり好きじゃないのかもしれませんね。」

もうそろそろ、サントラ2の内容を決め込まないと(汗)。
まだ悩んでます。

ではまた。 DON
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。

「ゲゲゲの女房」の見所のひとつに、背景になっているセットのこだわりが
挙げられると思います。
家具やら家電やら、実に細かいところまで作りこんでいて、時代の流れも感じさせてくれます。

今日のドラマの中で豊川が茂との出会いを回想するシーンがありましたが、
豊川が村井家に初めて訪れたのが昭和40年、そして今日のシーンは昭和47年と、
この期間、考えようによってはたったの7年間なのです。で、この激変ぶり!

ドラマ上では茂の仕事に於ける成功があったにせよ、この間の日本人の生活に
凄まじい変化があったんだなあと考えさせられますね。

さてさて、今日の曲です。

8月10日(火)

1曲目「夜雀」
《アバン》 藍子、学校で水木しげるの娘であることがばれる。

2曲目<サントラ2収録曲> 「こぼれる笑顔(予)」
《アバン》 豊川が少年ランドから異動。北村はデスクに昇格。新担当は松川という若い女性に。

3曲目<サントラ2収録曲> 「二人の絆(ソロ・ピアノVer.)(予)」
出会いの日、茂の背中に圧倒されたことを回想する豊川。「私を動かしたのは先生がマンガに打ち込むあの姿です。」

4曲目<サントラ2収録曲> 「すれ違う想い(予)」
学校でクラスメイトの好奇の目に晒され、嫌な思いをする藍子。

5曲目「木の葉と小判」
集団行動が苦手な喜子。茂は心配ないと言うが。布美枝「喜子、このままで大丈夫だろうか…?」

6曲目<サントラ2収録曲> 「寂しい旅立ち(予)」
父がマンガ家であるのを隠したい藍子。茂の仕事を誇りに思う布美枝は藍子の気持ちが解らない。

7曲目<サントラ2収録曲> 「胸騒ぎ(予)」
些細なことで喧嘩をする藍子と喜子。布美枝は藍子の抱える胸の痛みにまだ気付いていない…


今日の午後、窪田ミナはある女性シンガーに提供した曲のレコーディングを行います。
その詳細や、レコーディングの様子は後日またお伝えしますね。

ではでは。 DON


ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
今週から藍子役として菊池和澄ちゃんが再登場。
気弱で繊細な女の子の役、凄くはまってますよね?

今日の曲です。ほとんどサントラ2収録曲でした。


8月9日(月)

1曲目<サントラ2収録曲> 「多忙執筆体制始動(予)」
《アバン》 たび重なる改装で村井家は迷路のように。編集者が家の中で迷子に。

2曲目<サントラ2収録曲> 「朝寝坊許可法案施行(予)」
菅井以外アシスタントが入れ替わり、相変わらず忙しい水木プロ。だが仕事を断らない茂。

3曲目<サントラ2収録曲> 「暮靄(予)」
茂がトイレで用をたしていると突如ネコがしゃべりだす。「妖怪いそがしにとり憑かれたね。」

4曲目<サントラ2収録曲> 「青空とスキップ(予)」
喜子は菅井にいたずらをして仕事部屋を追い出される。二女の喜子は5歳、年長さんに。

5曲目<サントラ2収録曲> 「藍子の戸惑い(予)」
父親が漫画家なのが学校で知られ、藍子は水木しげるの娘とバレないかと不安になる。

6曲目「風冴ゆ」
布美枝から家計の状況などを聞き、学級名簿に漫画家と書かれたことに何も言えなくなる藍子。

7曲目<サントラ盤未収録曲>
クラスメートたちに水木しげるの娘であることがバレて、藍子は足がすくむ。

最後の曲、今のところ残念ながらサントラ2にも収録出来なさそう...
サントラ盤2枚に時間ぎりぎりまで入れても、どうしても数曲こぼれてしまうのです(涙)。
ではまた明日。スタッフのDONでした。
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
今日あたりから、7月上旬の第3回レコーディングの曲が使われています。
1曲目、3曲目がそれです。漢字並んでますね?(笑) たまたまなんですが。

その他、今日の曲です。

8月7日(土)

1曲目<サントラ2収録曲> 「多忙執筆体制始動(予)」
《アバン》 「ゲゲゲの鬼太郎」のテレビ放送開始!さらに忙しくなり光男をマネージャーに。

2曲目<サントラ2収録曲> 「あやかしの悪戯(予)」
茂、雄一、光男が深刻な面持ちで三者会談?!

3曲目<サントラ2収録曲> 「朝寝坊許可法案施行(予)」
境港の両親がこっちに出て来る!押し付け合う三人。雄一「布美枝さんしかおらんだろ。」

4曲目「ノスタルジー」
絹代が残していた茂の子供の頃の絵を藍子に見せ、茂の両親のことを想う布美枝。

5曲目「笑顔の思い出」
倉田の大賞受賞のお祝いをする水木プロの面々。倉田が独立、小峰も旅に出ることに。

6曲目「茂のテーマ」(ソロピアノ・ヴァージョン)
茂「イトツとイカルを家に呼ぶぞ。」布美枝「お父ちゃんとやっていくだけですけん。」

7曲目「しげるの魔法」
茂の両親が上京。調布の家に村井一族が集結。

来週からイトツとイカルのやり取りをたっぷり見られて楽しみです!
布美枝さんは大変でしょうが(笑)
ホント役者さんのおふたり素晴らしいですね。
特に個人的に、風間杜夫さんの飄々とした雰囲気が大好き。
風間さん、落語もおやりになり、素人の域をはるかに超えた腕前だとか。
和服も様になってますもんね。今度観にいってみようかな?

ではまた来週! DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
今日は広島平和記念式典の中継があったため、放送が8時38分からでした。
そんなこともあり久々に広島平和記念式典を見て、色々考えさせられました。

水木しげるとその周りの人々を描く上で、彼の戦争体験は重要な要素です。
「ゲゲゲの女房」では今後、戦争という、ある意味重いテーマにも触れていきます。
朝ドラらしからぬこういったテーマに敢えて挑む制作スタッフの方々の気骨に触発され、
窪田ミナも渾身の楽曲をいくつか書いています。が、使用回数はおそらく多くないでしょう。
それでも、これらの曲はドラマ全体にとって、凄く大事なものである気がしています。

さて、今日の曲です。

8月6日(金)

1曲目<サントラ2収録曲> 「怪奇の予兆(予)」
《アバン》 編集方針で成田出版と対立し、ゼタの合併話は破談に。

2曲目「ラバウル」
深沢「自由の砦を売り渡すことは出来ない。」 だが、郁子は失望し去って行った。

3曲目「光に包まれて」(ソロピアノ・ヴァージョン)
後悔する深沢。茂「深沢さんがいる限り、自分はゼタに描き続けます。」

4曲目「切ない別れ」
辛い思いをしてまで、大事なものを捨て仕事に生きる郁子に、理解を示す布美枝。

5曲目「二人の絆」(ソロピアノ・ヴァージョン)
大塚に帰る決心をするいずみ。「私も一歩踏み出さんといけん。」

6曲目「茂のテーマ」
ゲゲゲの鬼太郎テレビ化決定。別れの日、倉田は自分が描いたいずみの絵を彼女に贈る。


「瓦そば」って謎ですよね。
私は2年ほど博多に住んでいたことがあるのですが、全く知りませんでした。
博多でも比較的レアな食べ物じゃないかなぁ。
でもその他、うどん、焼き鳥、うなぎ等々、とても懐かしいです。
どれもちょっとずつ違うんですよね。うどんは麺が柔らかかったり、
焼き鳥は豚バラや砂肝(ズリ)が中心だったり、うなぎはせいろ蒸しだったり。
って、また食べ物の話になってしまった(汗)。

ではまた明日。 DON
ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)

my favorite local food AGAIN!

2010/08/05 Thu 10:36

私の大好きなもの。帰ったら食べに行きます。



これも東京ではなかなか出会えないもののひとつ。
瓦そば・・・という「おいしい麺料理」です。

っていうか、いつも食べ物の話ですね。すみません。


窪田ミナ

mina | コメント(0)
おはようございます。
ついに「ゲゲゲの鬼太郎」のタイトルが決まる経緯が明らかに!
子供心にも、何で“ゲゲゲ”なのかと、ずーっと不思議に思ってました。

今日の使用曲です。

8月5日(木)

1曲目<サントラ2収録曲> 「鬼気迫る背中(予)」
《アバン》 浦木、ゼタが成田出版と合併の噂話を…

2曲目「風変りな漫画家」
浦木はゼタ入り? ゼタの情報を知らない布美枝に浦木「会話が無いのは夫婦の危機です。」

3曲目「茂のテーマ」(ソロピアノ・ヴァージョン)
ゼタの合併話に喜び、張り切る郁子。

4曲目「信念を貫くペン」
焦る倉田を窘める茂。布美枝、常に精魂込めマンガを描く茂のことを「お父ちゃんは本物…」

5曲目「クリスマスの授かりもの」
鬼太郎の歌を、最初に布美枝に見せる茂。

6曲目「勇気と希望」
スポンサー対策でタイトルを変えることに。ついに「ゲゲゲの鬼太郎」に決まる!

7曲目「高まる鼓動」
その夜、傷だらけでボロボロになった深沢が転がり込む。

“ゲゲゲ”の由来も意外ですが、アニメ化より先にテーマ曲が出来ていたのも
かなり意外ですよね。
このドラマ、有り得ないような話ほど真実である、というのがスゴイところです。

ではでは。 DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
おはようございます。
今日の中盤まではいずみをめぐる、切ないラブストーリーですが、
後半、あの曲と共に浦木が登場すると、世界はガラッと変わります。
「イタチの陰謀」×浦木。これ、かなり強力な取り合わせです。

さてさて、今日の曲です。

8月4日(水)

1曲目<サントラ2収録曲> 「よれよれマンガ家(予)」
《アバン》 新人マンガ賞の結果が佳作止まりで元気のない倉田。

2曲目<サントラ2収録曲> 「胸騒ぎ(予)」
実家に帰りたくないいずみ。早くデビューしプロになりたい倉田は落ち込んでいる。

3曲目<サントラ2収録曲> 「諦めかけた夢(予)」
いずみ、見合いで実家に帰ることを倉田に告げる。本当の気持ちを伝えられない倉田。

4曲目「光に包まれて」
中森が訪ねて来て窮乏生活を回想。中森「奥さんが一緒にいたからこそ乗り越えられた。」

5曲目「風冴ゆ」
布美枝「あの頃はいつも茂さんが隣で仕事をしていて、一緒に頑張っているような気がした…」

6曲目「イタチの陰謀」
突然浦木が来る。ゼタが大変なことに?!


先日スタジオパークでうどんをネタにしましたが、その時に聞けなかった話。

「皆様、東京近郊で美味しい博多うどんを食べられる場所を知りませんか?」

窪田は(私も)本当はこれも聞きたかったんです?
でも全国放送のテレビで取り上げるには、ちょっとマズイかなと。

ではでは。 DON

ゲゲゲの音楽 by DON | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。